キレイな子がやっている美容まとめ

必見!キレイな子がやっている美容まとめ

ポリHEMAグルコシドはどんな成分

shutterstock_403903996ポリHEMAグルコシドはどんな効果・効能が期待できるの?~化粧品・成分分析~

ポリHEMAグルコシドは、メタクリル酸グルコシルヒドロキシエチルの重合体で、高い保湿性と肌保護作用がありますが、その保湿性には特徴があります。
保湿成分といえばヒアルロン酸などがよく知られていますが、これらはその物質内に水分を取り込んで保湿します。
一方、このポリHEMAグルコシドは水分子同士の結合力を高めて保湿する点が特徴という分析がなされています。
つまり、ヒアルロン酸などを使用した化粧品では長時間の乾燥状態であれば時間とともにどうしても水分が蒸発してしまいがちです。
さらに乾燥した保湿物質は肌の内部から水分を得ようとするために過度な水分補給をしなければ却って肌の内部のうるおいが損なわれてしまう危険性もあるのです。
しかしポリHEMAグルコシドを配合すれば、保湿成分内部の水分が結合力を強めるために安定した組成になるので蒸発しづらく保湿効果を長時間キープすることが可能となるのです。
ただ石油由来の成分なので、自然派コスメや無添加コスメでは使用することができないのがデメリットといえるでしょう。
保湿には非常に優れた効果があると分析されているので、同じような成分が自然なものから検出・抽出できないものかが注目されています。

■保湿と肌の保護
水分同士の結合力を高める作用があるので、保湿と肌を保護する効能が期待できます。

保湿/肌の保護

メチルパラベンはどんな成分

①成分説明
メチルパラベンは、化粧品によく使用される防腐剤として知られています。その優れた防腐効果により、最後まで安心して化粧品を使い切ることができるメリットがあります。殺菌力もあるため、その効果によって容器の中に微生物が発生することを防いでくれるでしょう。

皮膚への刺激がとても低いとされており、分析によってわりと安全であると考えられています。しかし、一部ではアレルギーなどの原因になる毒性を持つと指摘されている成分です。

②成分分析・この成分の一般的な用途
防腐剤

③特長・お肌への働き
メチルパラベンは、化粧品としてお肌に使用しても、お肌に対する悪影響などがほとんどありません。ただし、アレルギー体質の人やお肌が敏感な人は、使用前にパッチテストをしてみることがおすすめです。

■化粧品などの防腐・殺菌効果
メチルパラベンは安全な防腐剤としてよく化粧品に含まれている成分です。過去には、しみやシワ、アレルギーなどの原因になるとして、パラベンフリーな化粧品がもてはやされたこともあります。

しかし、防腐剤を含まない製品は、腐りやすいという欠点を持つのでお肌に使用することは危険です。皮膚への悪影響を防ぎたいなら、やはりメチルパラベンのような効能を持つ成分は必要でしょう。

④成分効果(箇条書き)
化粧品などの防腐・殺菌効果

どんなに肌が綺麗になっても、毛のお手入れもしなくてはなりません。Vラインが剛毛なあなたへ質問です。今すぐビキニはけますか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright© 2016 キレイな子がやっている美容まとめ All Rights Reserved.